首を手で隠す

なんとか短期間で治したい…(できれば手軽に。)

しつこく繰り返す首ニキビ

 

炎症を起こせば赤くて人目につくし痛くもなる。

そんな首の赤ニキビを魔法の様に一日でスッと消えるような方法ってないのかなぁ。。

 

 『即効で今すぐ治したい!しかも楽に効くヤツ』

そんな裏ワザを探してるだけの間は、ぶつ子の首ニキビは治りませんでした。

ブツブツが首に残ったまま消えない。。

 

確かに首ニキビをなるべく早く治す方法はありました。

でも大切なのは今日からやること、正しいケアを今日から始めることだったんです

情報を探してケアした気になってた当時のぶつ子のようにならないでください。

 

今から『首ニキビの治し方』について話します。

ニキビケアの中でも家でできるコト、そして今日から出来るコトをまとめています。

 

「私は今日から何をするか?」

読み終わった後にすぐ行動できるように意識して読むと効率的ですよ。

【首ニキビケアの目次】
  1. 首ニキビを早く治すには”悪化させないコト”
  2. 肌環境を整えろ!昨日のNG習慣を明日のニキビ予防へ!
  3. 入浴からお風呂上りまで!理想の首ニキビケアの流れ

 

首ニキビは炎症が酷くなると色素沈着(シミ)として残ってしまうリスクがあります。

そうなる前にも首ニキビに効果的なケアを一緒に見ていきましょう。

『早く治す=長引かせない』炎症を悪化させるNG習慣に用心

首に手を当てる

ニキビの中でも特に首元にできたニキビは治りが遅いように感じました

なぜ治りにくいのか?それは『何かイケないコト』をやってるから

なので早く治すためには、まず『やらないコト』これをおすすめします。

 

ニキビを治そうとすると『何かしないと』と思いますが、それは逆でした。

昨日までやっていたことで首周りのニキビを長引かせてるものを省いていきます。

次の内、あなたはどの行動が当てはまりますか?

①首は敏感!他の場所にはOKでも首に痒みが出るもの

一つ目の長引く原因は『敏感』。

首という場所は他の場所と比べてデリケート。

それなのに顔や身体と同じように扱っているとニキビへの刺激になったり痒みが出てしまいます

 

例えば。夏に汗をかくたびゴシゴシ拭いてるとニキビにも悪い。

それに夏にデオドラントスプレーを首に使うのもオススメできません。

腕や足は良いけど首はヒリヒリしちゃうんだよね(´・ω・`)

 

あと金属類も要チェック。

金属アレルギーでなくても首にネックレスを長時間、つけてるとニキビが痒くなる時がありました。

アトピーならなおさら。『汗×金属』のコラボで痒みがでる可能性もあります。

美白クリームを手に取る

あと意外に多いのがスキンケア

洗顔料を首にも使ったりしてると肌に合ってない可能性があります。

特にピーリングは慎重に!

角質をはがして強制的にターンオーバーを促すので肌が弱い首へは辞めた方がいいです。

 

それ以外では男性の場合だと襟足が首の後ろのニキビに当たったり、布団のシーツが汚れてるのも敏感肌にはNGですね。

あと虫刺されの塗り薬も首に塗るとヒリヒリなんてことがあるのでパッチテストを先にしましょう。

 

痒くて掻きむしってるとニキビが潰れることがあります

こうなれば、ますます首ニキビが治るまでの時間が長くなっていしまう。

だからこそ早く治したいなら、まず首が敏感だというコトを意識して肌への負担を考えましょう

②摩擦で首ニキビの炎症が酷くなる?首周りの衣類をチェック

マフラーを巻く女性

二つ目に長引く原因として『摩擦』があります。

首ニキビを刺激することで炎症や腫れが酷くなったりニキビ自体が大きくなったり、最悪だと潰れてしまうので厄介

出来立ての小さいニキビの内に治したいなら摩擦を遠ざけます。

 

首に与える摩擦としてはファッションが第一ですね。

ハイネックのニットだったり夏はストール、冬はマフラーなど首元に直接、当たる衣類に気をつけます。

フェイスラインから首にかけてのニキビにはマスクも要注意

 

あと社会人でスーツを着てるならワイシャツの襟もデス。

歩くたびに擦れて痛いんですよね~((+_+))

家に帰ってニキビを見ると腫れが悪化してる!…なんてこともありました。

 

首ニキビが痛くなったら 「その前に刺激を与えてないか?」 それを確認すると炎症の悪化を防ぐことができます。

まずは衣類の摩擦から思い出して見ましょう。

③しこりニキビは例外!注意深くしても時間がかかる

フェイスライン

首のニキビに多いタイプに『しこりニキビ』があります。

炎症してるように見えないけどプクッと膨らみシコリのように固くなってるニキビのこと。

このタイプのニキビは『痒み』と『摩擦』に関係なく治るまでに時間がかかります。

 

この手のニキビは見た目では赤くなっていません。

でも皮膚の奥で炎症をおこしてるので根深く、元通りに戻るまでに時間がかかるんですね

 

もちろん摩擦や痒みを遠ざけることで多少の効果は得られます。

ただ赤ニキビや白ニキビと比べると治るまでの期間は長いので覚悟しておきましょう(´゚д゚`)

【今日からやること】首ニキビが長引く・悪化を防ぐケア

顔を隠してピースサイン

首ニキビを早く治すためには『まず悪化させない、長期化させない』というコトについて、お話ししていきました。

ではそれを踏まえて、今日からできる対策を練っていきます(`・ω・´)

 

まず汗について。強く拭くと肌への刺激になる。

かといって汗を放置してると不衛生。。

だからおすすめはハンカチを当てるという方法

 

汗を吸うイメージでハンカチを当てます

拭くよりも肌への負担が少なく清潔にも保てますよ。

 

ネックレスなどの金属類に関しては、今はなるべく我慢すること。

どうしてもつけるなら、付ける時間を出来るだけ短くする工夫をするといいです。

(デート直前にトイレで付けるとか、結婚式が終わったらすぐ外すとか)

 

スキンケアについては低刺激を意識します。

無添加アルコールフリーなど肌に優しい成分の商品を使うコト。

後詳しくは『お風呂上りのスキンケア』で話しますが保湿して首周りの肌を守ってあげるのも大切になってきます。

 

あとさっきもチラッと言ったけど首ニキビを絆創膏で守ったり冷やして痒み緩和させるのも効果的

大事なのは『何なら今日から始められるか?』

あなた自身がやりやすいものを選んで敏感な首を守り摩擦を減らしていきましょう。

肌環境を整えろ!昨日のNG習慣を明日のニキビ予防へ!

頬に手を当てる

首ニキビを早く治すには『悪化させない』という話をしました。

次にポイントになるのは新しい首ニキビを作らないこと

首のニキビは何度も繰り返しできやすいのが特徴

それを防げないとキレイになりません。

 

「なぜ今日、首ニキビが出来るのか?」

それは昨日までの生活に問題があるから

 

どんな過ごし方がニキビの原因になるのか?

今日から何を改善していけばいいのかを考えていきますね。

①知らなきゃ治らない!季節によって変わる首ニキビの原因

調べる

私は冬に首ニキビが出来やすいタイプ。

でも、友達は『夏にできる』と言ってました。

なぜ出来やすい時期が人によって違うのでしょうか?

季節ごとの過ごし方や肌への影響を見ていくと答えがあります。

 

まず冬に関しては肌の乾燥が原因

肌は乾燥すると毛穴がキュッと縮むんですね。

だから角質や皮脂で毛穴が詰まりやすくなる。

結果として、その詰まった場所で菌が炎症を起こすとニキビになります。

 

あとはマスクとかマフラーで蒸れて雑菌が繁殖する

寒くなって運動不足肩こりになり血流の流れが悪く老廃物が溜まってターンオーバーが乱れる。

このような生活上の変化も首ニキビを作ってしまいます。

 

私ははもともと乾燥肌アトピー気味なので特に冬に首ニキビを繰り返してしまうんですね。

同じような肌タイプなら冬は用心(´・ω・`)

 

一方、夏に首ニキビが出来やすい人は紫外線に注意

私たちの体は紫外線から肌を守るために角質を厚く固くして対応します。

すると毛穴がふさがるので、これもニキビになりやすいんですね。

 

首周りは紫外線対策が難しい場所。

美容液はヒリヒリして染みることもあるし紫外線対策についてはいろいろと考えないといけません。

 

紫外線以外の原因としては

寝てる間にかく汗で枕やシーツが不衛生になるので首周りが汚れやすくなります。

ニキビが出来やすいともいえるし、今あるニキビの悪化にもつながるので汗ケアは忘れずに。

②顎周りにもニキビがあるならホルモンバランスを疑う!

ドキドキする女の子

もし首ニキビだけじゃなくて顎とか口周り、フェイスラインにもニキビがある。

こんな場合はホルモンバランスが乱れてないか疑った方がいいです。

特に生理前ストレスで急にブツブツが増えるならコレが原因の可能性大。

 

ストレス睡眠不足が続くと私たちの体は男性ホルモンの分泌量が増えます。

男性ホルモンは皮脂の分泌を増やしたり毛穴を収縮させる作用があるので毛穴詰まりからニキビが出来やすいんですよね。

【ホルモンバランスが乱れるキッカケ】
  • 生理前
  • 妊娠(特に妊娠初期)
  • 出産後
  • 寝不足
  • 運動不足
  • 煙草やお酒
  • 慢性的なストレス
  • 食生活…暴飲暴食やインスタント食品

 

このような時期と重なって首ニキビが増えたり、繰り返すならホルモンバランスの乱れからくる首ニキビとして考えていいでしょう。

習慣を一気に変えるのは根性がいるので(ぶつ子は挫折しました)、上手に対応する必要があります。

【今日からやるコト】季節の変化から首元を守りホルモンバランスを整える

明日から首ニキビが出来ないようにするには、どういったことに注目すればいいのでしょうか?

たくさんあるニキビ予防の方法から簡単に続けられるものだけを厳選しました。

 

まず冬に首ニキビが出来やすい人がやるのが保湿

乾燥した肌に化粧水で潤いを与えてあげます。

あとマフラーの蒸れ予防として室内ではマフラーを外す、運動不足による血流の滞りにはリンパマッサージがオススメ

 

逆に夏に首ニキビができやすい人は紫外線と汗に注目

汗は先ほど言った通りハンカチで吸い取るように水分だけを取ります。

紫外線対策としてはオイルフリーの美容液や日傘を使って防いだ方が首への負担が少ないですね。

 

ホルモンバランスは整えるのは難しい。

寝不足もしたくてやってるわけじゃないですよね。

ストレスも同じで好きで受け取ってるわけじゃない。

だから自分でできる範囲内で対応することを意識します。

 

例えば大豆イソフラボンを積極的に摂るとか。

イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするのでホルモンバランスを整えてくれます。

大豆サプリとか豆乳でとると簡単ですよ。

 

理想は『野菜とか栄養ある食事で体質改善!』ですがそんな余力はない。

だから漢方と大豆イソフラボンで短時間で簡単に対応することから始めませんか?

お風呂から入浴後のスキンケアまでの理想の流れ

お風呂上りに水を飲む

今までの話をパッとまとめると首ニキビを早く治すには長引かせないコト。

そして繰り返し出来やすい特徴があるので予防をすること

この2つについてお話をしました。

普段の生活の中でこの2つとスゴ~ク深くかかわっているものがあります。

それが『お風呂』

 

お風呂の入り方を見直すまで、ぶつ子は何度も首ニキビを再発させたし酷くさせました。

『長引かせない・増やさない』この2つを実現するには入浴法を見直すのは絶対!!

 

なので最後に理想の入浴方法について確認します。

今日から試しにやってみてください。

お風呂上りの首周りの肌の感じや首ニキビに良い変化がありますよ(*´ω`*)

間違った入浴法は首ニキビの悪化と再発を招く?

首がヒリヒリする

首ニキビが治らない入浴法として、ぶつ子が気をつけてるのは『湯船の温度』『洗い方』

この2つが間違ってるとドンドン首ニキビが出来るので要注意デス。。

 

まず湯船の温度については熱すぎないかをチェック

温度が高いとお風呂上りに乾燥して肌がカサカサします

もともと首は乾燥しやすい箇所。

余計に乾燥させてニキビが出来やすくなるので注意ですね(42℃以上ならヤバい)。

 

次は洗い方について。

もちろんゴシゴシ強く洗ったらニキビに刺激を与えて腫れが酷くなります

でも洗いが不十分でもイケない。

シャンプーや石鹸のすすぎ残しが首に残ると毛穴詰まりの原因になり炎症を起こしやすくなります。

  1. 温度が高すぎて肌が乾燥する。
  2. 強く洗ってニキビが悪化
  3. 洗いが不十分ですすぎ残し

この3つが首ニキビを治らなくさせる入浴法になります。

逆に理想の入浴というのは、この3つをキチンとクリアできてるかということ。

この3つを踏まえた入浴法を知れば首ニキビも治りやすいですよ(*´ω`*)

首ニキビが治りやすい理想の入浴方法

お風呂にお湯を貯める

まず温度については41℃未満を目安にします。

ぬるま湯で物足りない人は41℃から徐々に落としていきましょう。

特に抵抗がないなら40℃でも全然OK。

お風呂上りに肌がパリパリしてるなら熱い証拠になります。

 

洗い方については順番を意識するとスムーズですね。

まず湯船に首まで一回浸かります

これで毛穴が開くので汚れが落としやすくなり、強く擦らなくても首周りをキレイにすることが可能。

 

湯船から出た後は先に髪を洗います

体の後に髪を洗うとシャンプーやトリートメントが首を伝って成分が残るので洗髪が先。

 

あと首を洗う時は手で洗います

タオルは刺激が強すぎ。ニキビがあるなら、なおさら手で泡を転がすように優しく洗ってあげて。

そして最後に、もう一度湯船に浸かって完了。これが理想の洗い方になります。

保湿クリームを手に取る

仕上げはお風呂上りの保湿ですね。

温度を気にしても入浴後は肌が乾燥します。

そのまま放置するとニキビが出来やすいので保湿ケア。

首周りは敏感なので無添加で低刺激な化粧水で保湿してあげると良いですよ。

【こんな添加物に要注意】
  • パラベン
  • 石油系の界面活性剤
  • 合成香料
  • 着色料
  • アルコール

 

【こんな保湿成分がおすすめ】
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • グリセリン
  • トリメチルグリシン

 

【理想の入浴】
  1. お風呂は41℃から下げていく
  2. 湯船→洗髪→体→湯船の順に入る
  3. お風呂上りはキッチリと保湿してあげる

この3つを忘れない様にすれば首ニキビも早く治りやすいです。

どれもカンタンで今日から始められるので1週間ほど試して肌の変化を実感してみてはいかがですか?

 

今回は首ニキビの治し方についてお話をしました。

まず首周りは皮膚が敏感だからニキビを長引かせるモノを遠ざける。

首ニキビは何度もできるので予防する。

お風呂の入り方を見直す。この3つで、しつこい首ニキビを撃退しましょう。