妊娠中に出来たニキビがなかなか治らない

鏡を見るたびに憂うつになる妊娠中の大人ニキビ

なぜ治らないのか?私に何か理由があるの?

 

今回はそんな妊娠ニキビが治らない』ときに確認したいポイントを見ていきましょう。

■ 目次

  • 妊娠ニキビが出来やすい時期
  • 自分でニキビを長引かせてる?
  • ニキビが出来やすい生活に注意

 

  • 妊娠初期にブツブツが出来る
  • 全く治る気配がないので辛い
  • 何をしても効果が出ないのはなんで?

こういった悩みをもった人に読んでほしい

妊娠ニキビが治らない理由を見ていきます。

妊娠ニキビが出来やすい時期に当てはまってないか?

妊娠周期とカレンダー

確認するポイント1つ目は
『今、妊娠何週目か?』です。

私たちの体は妊娠すると
プロゲステロンという女性ホルモンが増え
出産の準備を始めるんですね。

 

プロゲステロンは皮脂の分泌を促すので
このホルモンが増える時期は
ニキビが出来やすい時期とも言えます。

平均的には妊娠してから妊娠中期まで
15週目までは大人ニキビが出来やすい

 

妊娠中期になると肌は元通りになるので
この時期に当てはまっているなら
ニキビ跡にしないことが最優先

潰したり触って刺激を与えたり
ニキビを悪化させないコトを心が得ると良いです。

自分の行動で長引かせているものはないか?

鏡を見てニキビを確認

『15週目以降もニキビが治らない』

そう悩んでいるママも多い。

その時の確認ポイントとして
ニキビへの刺激があります。

 

妊娠中は肌が敏感で刺激に弱くなりがち。
そんな時に刺激を与えてしまえば
ニキビの悪化や長引く原因になります。

具体例を挙げるとこんな感じかな。
こういうコトに注意した方がいいです。。

★ 肌への刺激を与える行為

  • 痒みがあるから爪で引っ掻く
  • 気になって指で触っちゃう
  • 治したいからと顔を強い力で洗う
  • ファンデーションがリキッドタイプなど肌への刺激が強い
  • ファンデを何度も塗りこむ
  • 妊娠前の化粧品を続けて使ってる
  • (夏の場合)紫外線対策をしてない

 

こういったことに当てはまってると
肌への刺激が強くなって
ニキビが治りづらくなってる可能性があります。

もしニキビが偏っているなら
その場所だけの刺激も見直しましょう。

  • おでこニキビが多い→前髪、シャンプー
  • 頬…マスク、枕カバー
  • フェイスライン…服、マフラー

その場所だけの刺激を考えると
あなたを悩ませる原因を見つけやすいです。

【補足】肌に優しい化粧品やメイクを心掛ける

メイク道具を机に並べる

遠ざけられる刺激については
今日から気を付ければOKですが
化粧品はそうはいきません。

肌に刺激があるからスッピンで出歩く!
…なんてこともできないですよね(;^ω^)

なので化粧品や洗顔料、化粧水については
出来るだけ肌に優しい成分を選びましょう。

 

例えばファンデーションはオイルフリー
パウダータイプだと毛穴に詰まりにくいです。

他にもノンコメドジェニックのものや
植物由来のオーガニック系だと
肌への刺激も減らせるでしょう。

あとは洗顔後に保湿をしたり
お風呂上りにローションを塗って
乾燥ケアをすれば完璧です。

 

  1. 肌に優しくする
  2. 肌を保湿する

この2つが刺激から守るために
必要な考え方でした。

大人ニキビを繰り返す肌を作っていないか?

顎のニキビ

ニキビが治らないという悩みは
一度できたニキビが治らないというケースと
何度もニキビを繰り返すというケースがあります。

そこで最後は『ニキビを繰り返す原因』
これを妊娠中の生活から見つけますね。

 

子供を授かった時に体に起こる変化として
食生活が当てはまりませんか?

  • つわりで食べれなくなったり
  • 酸っぱいものが欲しくなったり
  • 甘いものばから食べてしまったり

妊娠中は赤ちゃんにも栄養を上げるので
今まで以上に栄養不足、水分不足になります。

すると肌への栄養が足りずに
ニキビが出来やすい肌へのなってしまう。

 

それに妊娠中は便秘にもなりますよね?
便秘になると老廃物が腸内に溜まるので
そこから肌トラブルが出やすくなる。

このように妊娠中の食生活や便通の変化が
肌の健康を損なっている可能性があります。

最後の確認ポイントは体の中。
妊娠してから食事や便に変化はありましたか?

【補足】ニキビが出来にくい肌にするために

考え事をする主婦

食欲不振になっている時は
栄養をたっぷりとるのは難しいです。

ただ少しでも食べる気が起きたら
積極的に摂りたいのはビタミンミネラル

果物からビタミンをとったり
野菜をバランスよく食べたいところ。

 

私のおすすめは鍋ですね。
多くの種類の野菜を食べれるし
胃に負担のかからない様に摂取できる。

ゆずや柑橘類をプラスして
昆布を入れて便秘対策を並行しながら
いつも食べていました。

 

あと心掛けていたのは運動。
筋トレとかじゃありませんよ!

妊娠中は体を動かす機会が減って
血液の循環が悪くなりがち。

 

それを解消するのと
ストレス発散の目的で
妊婦にオススメのストレッチをしてたんです。

ストレス発散はニキビケアだけじゃなくて
お腹の赤ちゃんの為でもあります。

 

今回は妊娠中のニキビが治らない時に
確認しておきたいポイントをお話ししました。

■確認ポイント

  • 妊娠15週目まではニキビが出来やすい
  • 妊娠中の敏感な肌に刺激を与えている
  • 妊娠後に食生活や便通が変わる

 

この3つを確かめてから
当てはまってる項目で対処すると
ニキビも治りやすくなりますよ。