ニキビを鏡で確認
(…きっと勝手に治るから大丈夫)

そう思い込んでいた妊娠中のニキビが
いつまで経っても治らない。。

 

「最近ニキビ、ヤバいよね」

そう旦那に言われた時は
ショックでした(もちろんムカッともしたけど)

 

妊娠してる時期のニキビが酷い時に
何に気を付けていればいいのか?

今の肌や体に合ったニキビケアを考えていきます。

① 『今だけは』ニキビ治療に安易に薬を使わない

ニキビの塗り薬

ニキビが酷いからといって
以前もらった塗り薬や飲み薬を使う。
これは、妊娠中は辞めておきましょう。

ニキビ関係の薬の中には
妊娠中の使用が禁止されてるものがあるからです。

 

ディフェリンゲルとかは有名ですよね。

あとはステロイド系の塗り薬もそうだし
抗生物質を飲むのも医師の確認が必要です。

そもそも妊娠中に使う薬は
まず産婦人科医に確認すること。
これが基本なので勝手に使うのはNG.

 

ニキビの赤みが酷かったり
炎症が悪化して痒みが出てると

ついつい薬を塗りたくなりますが
一旦、医師や薬剤師に相談しましょう。

 

どんどんニキビが酷くなる中で
「少しでも早く治したい」という気持ちはわかります。

でも薬を自己判断で使うのはストップ(>_<)

どうしても塗り薬を使いたいならオロナイン

オロナイン軟膏

炎症が酷いニキビをケアしたくても
薬は医師に確認をとらないと使えない。

そんな中で「今なんとかしたい!」という時は
市販薬の中から使うといいです。

 

例えばオロナインはHPのQ&Aで
『妊娠中でも正しい使用方法なら使ってもいい』

このように書かれています。

 

もちろんすべての市販薬が
妊娠中に使って良いかというと
そういうわけではありません。

ただ商品名をググって会社のHPに行くと
『妊娠中も使用可』と書かれた商品はあります。

私のおすすめはオロナインです。
炎症が酷い時は愛用してました。

② これ以上、ニキビが悪化するのを防ぐために

悩む主婦次に心掛けるルールは
『これ以上悪化させないようにする』

ニキビができやすいのは仕方ない。
だから悪化しないように心がけて
普段の生活を送るとニキビも治りやすいです。

ニキビを悪化させない為には
次の2つが特にポイントになります。

②-1 ニキビに刺激を与えないようにする

顎にニキビができる

ニキビが増えてくると
つい気になって指で触っちゃいませんか?
それ実はニキビの悪化に繋がってるかも…

指というのは私たちが思ってる以上に汚れています。
その雑菌だらけの指で触ってばかりいると
ニキビもなかなか治りにくくなります。

 

触る以外ではマスクで擦れたり
体のニキビなら衣類の摩擦だったり

けっこうニキビに刺激を
与えてしまうことってあるんですね。

こういう刺激を防ぐことで
ニキビの炎症や腫れを酷くさせずに
早く治るように促せます。

 

自分で無理やり潰すなんて”もってのほか”

赤ニキビを潰すとクレーターやシミなどの
ニキビ痕のリスクもありますよ((+_+))

②-2 普段使ってる化粧水やメイクを見直す

メイク道具

これも刺激に入るのですが
化粧水やメイクを再チェック。

妊娠中は肌が乾燥したり敏感になるので
今まで使っていた基礎化粧品が合わないことが多い。

ニキビケアの為に保湿をしようとか
メイクでニキビを上手く隠そうとか
そういう行為で悪化してる可能性があります。

 

例えばファンデーション。
クリームタイプだと油分が多いので
毛穴の詰まりからニキビになりやすいです。

それにピーリング石鹸なんかで洗顔したも
皮脂を落としすぎて洗顔後にヒリヒリすることも。

 

このように今までは自分に合ってたけど
今の肌質には合ってない化粧品を使っている。

…というケースが当てはまる人が多いんです。

 

だから洗顔料はノンコメドジャニックにしたり
クレンジング剤が必要ないパウダーファンデにしたり

肌への刺激を減らしたスキンケアに変えると
ニキビの悪化もしにくくなりますよ(^^)

③今の肌質にピッタリの洗顔を自分で見つける

顔を隠してピース

  • 薬は安易に使わない
  • ニキビを悪化させる刺激を避ける
  • 基礎化粧品が肌に合ってるか見直す

この3つについて話しましたよね。
最後は洗顔方法になります。

 

洗顔はニキビケアで一番大事。

正しい洗顔はニキビを出来にくい肌に
間違った洗顔はニキビができやすい肌に
それプラス、ニキビを悪化させる原因となります。

 

なので毛穴の汚れを落としつつ
肌への刺激が少ない洗い方
これを知っておいた方が良いですよね?

そこで最後に私がおすすめする洗顔方法
これをお話しして終わります。

洗顔後にカサカサしたり”つっぱったり”
ヒリヒリと痛みがある人は特にオススメ。

③’ 肌に優しい洗顔方法の手順

 

まず手と指を洗いましょう。
ここが汚れてたら手の汚れを顔に付けてるだけ。
洗顔の意味が無くなってしまいます。

次にぬるま湯で顔をすすぎます。
毛穴を開かせて大きい汚れをとるのが目的。

 

すすいだ後は洗顔料を泡立てます。
きめ細かい泡にした方が
肌を傷つけずに済みますよ。

そして泡立てた泡を転がしながら
顔を洗っていきます。

手で擦るというよりも泡で吸い取っていくように
顔を洗うのがコツですね。

 

洗い終わった後は
また”ぬるま湯”ですすぎます。

すすぎ残して洗顔料が顔に付いたままだと
肌を傷めてしまうので気を付けて。

 

そしてタオルで水気を吸い取った後に
化粧水で保湿をすれば完成です。

今の時期だと少し物足りないくらいで十分。
すでにカサついてる箇所は
洗顔料を付けなくてもOKです。

肌に優しく汚れを落とす
子供を生むまではこれをモットーにしましょう。

 

今回は妊娠中のニキビが酷い時に
心掛けた方が良いことをお話ししました。

薬は自分の判断で使わない
ニキビや肌に刺激を与えない
肌に優しい洗顔でニキビケア

この3つをやってみて
ニキビ肌の様子を見ていきましょう。

また治し方については
以下の内容を役立ててください。