背中ニキビができる人とできない人の違いって何?

せっかく治ったと思ったら再発…
何度も繰り返しできる背中ニキビ。

 

なぜ背中に集中してニキビが出来るのか?

背中ニキビが出来やすい人に当てはまる特徴を
3つに分けてお話ししていきます。

  • ケアしてるのに再発する
  • 背中ニキビが治りにくい
  • 何度も背中や肩にブツブツが出来る

こんな悩みを持っているなら
背中にニキビができる理由を突き止めて
人目に付く前にキレイにしませんか?

① あなたの”当たり前”に背中ニキビの原因が隠されてる?

背中ニキビが出来やすい理由
それが見つけやすいのが
あなたの『当たり前』から探すこと。

自分では習慣になっていることが
実は背中ニキビを引き起こしてた
ってパターンがないか確認します。

 

一番多いNG習慣がお風呂
すすぎ残しやシャンプーが背中に残り
毛穴を防ぎニキビを招いてないかチェック。

ポイントは必ず湯船に浸かることですね。
湯船に浸かって背中に付いた石鹸や
シャンプーのシリコンを流しましょう。

 

あとお風呂上りには
ルームウェアに注目!

素材が化学繊維だと肌が荒れ
バリア機能が低下して
ニキビが出来やすい肌になります。

『可愛いから』って理由以外にも
肌に優しい自然素材でできたウェアを
次からは選んだ方が良いですよ。

(あとブラジャーもサイズを合わせて。)

 

次のNG習慣は食生活ですね。
気をつけたいのは糖分です。

甘いものを食べると血糖値が上がり
上昇した血糖値を下げようと
私たちの体はインスリンを分泌します。

このインスリンは皮脂の分泌を促すので
背中ニキビの原因にもなってしまうんですね。

 

だからお菓子やクッキー、和菓子など
いつも食べてるものの中で
砂糖がたっぷり入っているものをチェック。

完全に辞める必要はないけど
少し量を減らしたり食べない日を作ったり
体に入る糖分の量を減らしていきましょう。

 

基本的に背中は皮脂量が多いので
毛穴詰まりからニキビが生まれやすいんです。

だから入浴時に背中をキレイにすること。
食生活で皮脂量を増やさないこと。

この2つを守るだけでも
背中ニキビを遠ざけられますよ。

② 変えられない変化に上手く付き合えていない

ストレスを感じる女性

さっきは習慣を見ていきましたが
次は仕方がないことについてです。

当たり前ですが私たちの体は
時間が経つとともに変化していきます。

大事なのはその変化に対応すること。
それが出来てないと
背中にもニキビが出来やすい肌質になります。

 

まずチェックしたいのは乾燥ですね。
20代、30代と年齢を重ねるにつれて
肌は乾燥しやすくなります。

肌が乾燥すると毛穴が小さくなるので
毛穴に皮脂が詰まってニキビになる。

背中は皮脂が多いので乾燥すると
一気にニキビが出来やすくなるんですね。

 

肌の乾燥ケアには化粧水の保湿が一番です。
特に皮膚が分厚い背中でも浸透する化粧水で
肌に潤いを与えられるタイプがおすすめ。

詳しくは⇒『背中ニキビ用の化粧水の選び方』

 

あとはホルモンバランスにも注意した方が良いです。
生理や妊娠、出産などで
ホルモンのバランスが乱れがち。

乱れると皮脂量が増えたり新陳代謝が乱れて
ニキビが出来やすい環境になっていまいます。

 

こういうニキビができやすい時期は
前もってスキンケアを丁寧にしたり
お菓子を控えたりするのが理想ですね。

あと大豆イソフラボンが
女性ホルモンと似た働きをして
ホルモンのバランスを整えてくれるので
大豆や豆腐、納豆を意識的に食べると良いです。

 

年齢による肌の乾燥も
生理によりホルモンバランスの乱れも
防ぐのは難しいですよね?

それよりも、そういった変化に
上手に対応していく方が
ニキビを卒業する近道になります。

③ “やった方が良いのはわかってるけど出来ない”は今日で辞め!

夜も眠れない

背中ニキビが出来やすい人、最後の特徴は
『わかってるけど出来ないこと』です。

具体的にはストレス対策ですね。
改善した方がいいのはわかってる
…でもできないというか先延ばしにしがち。

 

でもストレスが長く続くと
交感神経という神経が
男性ホルモンの分泌量を増やしてしまいます。

こうなると皮脂量が増えたり
毛穴が小さくなったりして毛穴詰まりが起き
そこからニキビへと繋がりやすくなります。

 

それを防ぐためにストレスへの対策、
これが大事になってくるのですが
これが難しいんですよね(>_<)

ストレスを取り除ければ一番ですが
そんなの出来たら、もうやってます。泣
できないから我慢して耐える日々…

 

そこで私が個人的にオススメなのが
睡眠の質を高めること。

しっかり寝ればストレスも減らせるし
睡眠中に成長ホルモンが出て
肌のターンオーバーも正常化するので
ニキビが出来にくい肌にもできます。

 

ストレスを減らそうと考えるより
しっかり寝ようと意識した方が
結果的に体にも肌にも良かったですよ。

睡眠についてはいろいろ試しましたが
私がグッスリ眠れるようになったのは
夕食後の過ごし方を意識してからでした。

 

まず夕食は出来れば
寝る3時間前に終わらせます。

寝る直前に食べると胃腸が動くので
睡眠中も体が休めれないからです。

 

そしてお風呂は湯船に浸かって
体を温めるのが大事。

お風呂上りは部屋を少し暗くして
スマホやPCの設定をイジッて
画面を暗くします。

 

その後はストレッチやマッサージなどで
体をゆっくりほぐしてリラックス♪

↑この流れを意識するだけで
マッサージ後に自然と眠気が来て
朝までグッスリ眠れるようになりました。

 

これは人間のリズムを利用したやり方です。
私たちの体は目に入る光の量が減ると
夜だと認識して眠気が来るようになってます。

だから寝る時間が近づくにつれて
少しずつ部屋を暗くして
スマホの光を遮断していくのが効果的。

 

それに寝るときに人間の体は
徐々に体温が下がるのですが
これをお風呂とマッサージで調整します。

入浴とマッサージは一時的に体温を上げ
その後、元の体温に戻っていくのですが
体温が下がることで『寝る時間だ』と脳が判断。

それで眠気がきて寝やすくなるんですね。

 

だから夕食後から光と体温を意識して過ごせば
自然と眠気が来るので、スゴイ楽な寝方なんです。

わざわざ難しい方法を試す必要もないので
ストレス発散で睡眠を改善する時は
体温と光をコントロールしてみてください。

 

今回は背中ニキビが出来やすい人の特徴を
3つに分けて考えていきました。

  1. ”自分の当たり前”を疑うコト
  2. 逆らえない変化に上手く対応するコト
  3. ストレスはグッスリ寝て対処するコト

この3つから見直していけば
背中ニキビが出来やすい体質は改善できましたよ。

 

次は背中ニキビを家でケアする方法
これを見ていくことにしますね。

次はこちら⇒『背中ニキビを自宅で治す方法』

出来やすい体質には原因があります。
その原因を突き止めて
背中美人に近づきましょう(*‘ω‘ *)